こだわり棟梁の想い
@たかつき
成喜の仲間たちと、この仕事
MUQU SHOP
外国人向け賃貸住宅
     
アドバイス
土地・建 物に関する事なら、成喜建設におまかせ下さい。
確かな技術と豊富な知識で、お客様のご要望にお応えします。

成喜建設にご相談下さい。
上の図はクリッカブルマップになっています。
知りたい内容をクリックするとアドバイスが見れます。

新築
成喜建設 の現代建築・和風建築はもちろん、
「入母屋づくり・在来工法」は皆様からの信頼と高い評価を頂いております。
入母屋づくり・在来工法

 

土 地所有者のニ一ズにマッチした建物づくりを目指すうえで、一戸建住宅においては、在来工法をふんだんに取り入れた高級住宅の提供を実現しています。 また、大きな特徴の一つとして、永年培ってきた技術を結集した『入母屋づくり』があります。

日本の木造建築、なかでも軸組工法による施工の技術は、世界 でも見られない素晴らしいものがあります。その技術を次の代の職人たちに伝え、親方から子方へと受け継がれています。その意味では、軸組工法は我々日本人 の材産であります。
成喜建設では我々独自の施工基準を設け、実際の施工に当っています。同時に施工マニュアルを作成し、随時現場で大工職人の育成に努めています。




土地活用
リースマンション
土地を有効に活かし、安定した生活で老後も安心なのがリースマンションです。 譲渡所得税、所得税をはじめ、固定資産税は一定の要件を満たした場合、三年間1/2(敷地に対しては1/4)になります。 返済期間が長く、借入金が多いので相続税対策に最適です。
駐車場
都市部を中心とする駐車場不足は深刻な社会問題です。 駐車場・立体駐車場経営は、限られたスペースを有効に利用して、高い稼働率と安定した収益をもたらします。 特に立体駐車場は20%以上という抜群の投資利回りを確保しています。
貸倉庫
土地の有効利用として長期にわたる安心経営が可能なのが貸倉庫です。 収益性が大変良いうえ、投下資本に対する回収率が高いので、借入金の返済期問が短くて済みます。 また、目減りがなく、インフレに強いのも見逃せません。
貸店舗
土地を有効に活かす手段として、資産維持・安定した収益性・節税効果という大きなメリットで、土地所有者から高い注目を集めている建物リース。 その中でも好立地な土地での貸店舗は、採算性が非常に良く、相続??税対策に絶対強いというメリットがあります。


税金対策・節税
マンション経営は、節税、安定収入、資金運 営などに最適の方法であり、土地を持っていること自体が大変な財産です。しかも土地は運用次第でその価値を大きくすることができます。しかし土地は所有し ているだけで固定資産税がかかります。
更に、売れば譲渡所得税、相続すれば相続税と高額な税金負担がかかります。ちょっと発想を変えるだけで土地を活かす税金対策と利益を生む事業が可能となる のです。
大切な資産である土地は手放すことなく、親から子そして孫へと受け継がれていくことこそ、安定して高収益を生む決め手であると言えるでしょう。



相続対策
資産を保有している場合、最も頭を痛めるの は相続税の問題でしょう。相続税を少なくする為には遺産額を引き下げるか、もしくは債務(借入金等)を増やせばよいわけです。
マンションローンの残りがあれば債務が増えて正味財産は減少し、更にマンション経営によって遺産の評価額を引き下げることができます。
現金、貯金はそのままの額が遺産となりますが、マンション、ビルなど取得3年を経過していれば、土地は路線価として、建物は固定資産税評価額で評価される ので実勢価格よりかなり低い水準に押さえることができます。また建物は減価償却により評価額が年々減少します。
マンションの建物の相続税は30%、土地は20%減少します。これは借家人の権利を考慮して借家権分を減額するからです。事業用の相続はさらに70%の評 価減となります。



??
家相・易学
建築の様態は旧くから伝承されてきたさまざ まな原則を変形されながら使われているといえます。
その多くは風土、宗教などに深く根ざしたものであり、日本では特に自然の占める重要性が高く、自然が多くの原則を構成してきました。建築形態にはさまざま な意味を内包しているものが多いです。
日本には「家相」という思想が存在します。中国では風水とよばれ、地形と建築との関係を規定していく考え方です。現代、我々は家相を旧い迷信としてかるく 受け流しがちですが、そこには合理的な多くの精神や原則があるといえます。

住まいは人間にとって最も身近な環境です。その環境が住む人々に合うか合わないかは、その家の運勢に大きく影響することがあります。家の形態や間取りは、そ の場の気圧、気流、光、熱、風、その他あらゆるものの影響を受け、又影響を与えることになります。これらの相関関係を体系的に考えたものが家相また地相で あります。

人間が生活する上で大切な家 です。当然気持ち良く住まうための工夫がなされます。その意味では、見かけや流行なども必要かと思われます。しかしそれ以上に自分や家族を取り巻く「環 境」としての家が、自分たちに合っているのだろうか? という観点から家を忘れてはならないと思います。今まで健康で幸せに暮らしていた一家が、家を建て たり引っ越しをして住居が変わったとたんに暮らしのリズムが壊れてしまうこと、新しい家に移ったとたんに運が向いて良くなった例は数えきれない程あるもの です。

成喜建設では、この目に見えない因縁を大事に考え、 良い環境としての家と人間のリズムの調和を考えています。また家相、易学の専門資料や専門家との連携のもとで企画、設計に取組んでいます。